プリザーブドフラワーは手間いらず

Posted on 木曜日, 11月 13th, 2014 at 12:00 PM

生花に必ずついて回るのは、水やりと水替えのお手入れです。
このお手入れを怠ってしまうと花が早く枯れてしまう原因にもなってしまいますし、欠かすことはできませんよね。
プリザーブドフラワーなら、このお手入れの手間を大きく減らすことができます。なぜなら、水やり無しでも枯れることが無いからです。


プリザーブドフラワーなら水なしでも数年持つ?

水を定期的に変えても1週間程度で変えてしまう生花と違い、プリザーブドフラワーならばその手間もなく、上手に環境を整えてあげれば、数年は状態を保つことができます。
お花の唯一の弱点と言ってもいいポイントを克服できるプリザーブドフラワー、誕生日プレゼントや結婚祝いの贈り物としても、自宅の飾りでも活躍してくれること間違いありません。


プリザーブドフラワーに高温多湿は大敵

プリザーブドフラワーはとてもデリケートなお花。湿気の強いところでは液が漏れ出てしまうなどトラブルが起こってしまいます。反対に乾燥している場所ではひび割れの原因になってしまいます。丁寧に飾られた、展示用のプリザーブドフラワーなどならば十年以上きれいなままというお花もあるみたいですから、できるだけ長い期間きれいなまま飾りたいですね。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.