Archive for 11月, 2014

プリザーブドフラワーを母の日に贈ろう

Posted on 木曜日, 11月 13th, 2014 at 3:25 PM

母の日といえば、カーネーションでしょうか。
プリザーブドフラワーならカーネーションを使ったアレンジなどが可能なので、母の日ギフトにも対応しています。
母の日に贈るギフトを迷っている方はプリザーブドフラワーをおすすめします。プリザーブドフラワーなあら、他の品物を贈るよりも、確実に喜んでもらえるでしょう。


母の日の思い出をずっと保っておけるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは枯れずにずっとお花のきれいな状態を保っておける「魔法の花」です。プリザーブドは「保存」という意味ですから、大事な母の日の思い出をきれいなまま保存しておくことができます。
生花のようにめんどうなお手入れもありませんから、手軽にお花をお母様に長い間楽しんでもらうことができます。


父の日や別のお祝いにも

母の日以外でも広く対応できるのがプリザーブドフラワーの良いところです。誕生日プレゼントや結婚祝いなど広く、お相手を選ばずに喜んでもらえるのが良いところですね。
一つだけ注意しなければならない点が、生花より手間と時間が多くかかる分費用が割増しになる点です。
ですが、何年も飾っておける利点を考えれば、値段相応の価値はあります。よく財布とも相談してください。

《PR》
母親におすすめの誕生日プレゼント・・・母の日でなくても、誕生日プレゼントとしてお花を贈るのも良いですね。お母さんに誕生日プレゼント候補を探すならこちらからどうぞ

プリザーブドフラワーは手間いらず

Posted on 木曜日, 11月 13th, 2014 at 12:00 PM

生花に必ずついて回るのは、水やりと水替えのお手入れです。
このお手入れを怠ってしまうと花が早く枯れてしまう原因にもなってしまいますし、欠かすことはできませんよね。
プリザーブドフラワーなら、このお手入れの手間を大きく減らすことができます。なぜなら、水やり無しでも枯れることが無いからです。


プリザーブドフラワーなら水なしでも数年持つ?

水を定期的に変えても1週間程度で変えてしまう生花と違い、プリザーブドフラワーならばその手間もなく、上手に環境を整えてあげれば、数年は状態を保つことができます。
お花の唯一の弱点と言ってもいいポイントを克服できるプリザーブドフラワー、誕生日プレゼントや結婚祝いの贈り物としても、自宅の飾りでも活躍してくれること間違いありません。


プリザーブドフラワーに高温多湿は大敵

プリザーブドフラワーはとてもデリケートなお花。湿気の強いところでは液が漏れ出てしまうなどトラブルが起こってしまいます。反対に乾燥している場所ではひび割れの原因になってしまいます。丁寧に飾られた、展示用のプリザーブドフラワーなどならば十年以上きれいなままというお花もあるみたいですから、できるだけ長い期間きれいなまま飾りたいですね。

プリザーブドフラワーを手作りしたい

Posted on 木曜日, 11月 13th, 2014 at 11:35 AM

誕生日プレゼントなどで贈ると喜ばれるプリザーブドフラワー。ドライフラワーなどと同じく自分で手作りすることはできないのでしょうか。
もし自分で作ったものを相手に贈れば喜びも増すでしょうし、自宅で飾るために手作りをしようと思っておられる方も、自分が作ったものなら愛情がこもって大事にしたくなりますよね。


手間と時間をかければプリザーブドフラワーは作れる

ドライフラワーなどより多くの手間と時間はかかってしまうものの、自分で作ることは可能です。
専用の器具や、専用液、色を染めるための染色液を用意できれば、自分で作ることは夢ではありません。
専用の液に浸けた時点で色と香りが抜けてしまいますから、自分の好きな色を決めて準備しておきましょう。中には緑色の花なんてものも…?


全国には教室もある

全国にはプリザーブドフラワーの作り方やアレンジ方法を教えてくれる教室も開かれており、そこに行けば有名な講師があなたにプリザーブドフラワーについて教えてくれます。
資格もあるみたいですから、これから本格的に作ってみたいと考えておられる方はここに通ってみてください。
自分で作るものなら、こもる気持ちも段違いですよ。ぜひとも一度検討してみてください。

プリザーブドフラワーの活用法を考えてみよう

Posted on 木曜日, 11月 13th, 2014 at 11:22 AM

誕生日プレゼントに最適なことはわかりましたが、それ以外に利用先は無いのでしょうか。


プリザーブドフラワーは結婚のブーケとしても最適

プリザーブドフラワーの特徴の一つに、生花よりも軽量だということがあげられます。
そして、そこを利用して結婚式のブーケとして利用すれば、花嫁のブーケを持つ負担を大きく減らすことができます。
もちろん全国のお店、ネット通販のお店でもブーケ用のアレンジを扱っていますから、探してみましょう。
最近ではプリザーブドフラワーの認知も広まってきて、ブーケとして利用される方もとても増えました。近くで見ても、生花と見分けがつかないのでその美しい姿を楽しんでもらえると思います。


海外では空港でも利用されている

海外の空港では、花や、葉を加工したものが観葉植物として置かれている場所があります。
プリザーブドフラワーは水やりや水替えなどの面倒な手入れが無いので、こういった場所でも活躍してくれるのです。
ヨーロッパで生まれたプリザーブドフラワーはやはり海外のほうが認知度は高いです。
まだまだ加工できる花の種類は多いとは言えませんが、これから知名度が高まって需要も増えれば種類も増えていくのではないのでしょうか。

誕生日にプリザーブドフラワーを贈るのはいかが?

Posted on 木曜日, 11月 13th, 2014 at 11:08 AM

誕生日は一生の思い出。一年に一度、その日だけのものです。同じ日は二度と訪れません。
できるだけその日の思い出を残したいと思ってしまうのは普通です。なので誕生日プレゼントを選ぶ際には慎重になるべきですよね。
できれば相手に喜んでもらいながら、できるだけ長い期間楽しんでもらいたい。そう思うのは自然なことです。


誕生日プレゼントなら生花よりプリザーブドフラワー?

プレゼントにお花を贈るのは自然な習慣です。見た目鮮やかで、香りでも楽しませてくれるお花をプレゼントすれば、相手に喜んでもらえることも間違いありません。
そして、プリザーブドフラワーなら、さらにプレゼントにうってつけです。
なぜなら、生花と違って枯れずに長い間きれいな状態を保つことができるという特性があるため、長い間きれいなままお相手に楽しんでもらえますから、思い出を長く頭に留めてもらえます。


アレンジの幅も広い

プリザーブドフラワーは人の手が加わったお花。なのでアレンジを加えられる自由度も多くあります。
色の種類も多く取り揃えており、中には自然に存在しない色の花などもあります。生花のきれいな状態を長く楽しめて、種類も豊富、アレンジも選べる。異常が誕生日プレゼントにプリザーブドフラワーが最適な理由です。